Rss

将来のために積むべき経験

ITエンジニアとしてフリーランスをする場合には、忙しい日々の仕事の中でキャリアプランを立てていくことも重要な観点です。40代程度までがフリーエンジニアとして精力的に活動できる時期だと言われていることから、その後の生活における収入を確保するために転職をする方法を考えておくことが必要になります。

そのための方法は大まかには2つあります。一つは、十分な専門的なキャリアを積んで、中途採用での転職を試みるという方法です。もう1つは企業で必要とされている能力や経験を持って、スカウトを募集するという方法です。いずれの場合においても年齢的に業界の最前線で働くのは難しく、管理職やリーダー格の仕事を担うことを目指さなければあまり人材として需要がありません。そのため、プロジェクトマネージャーのような管理職を目指すのが一般的であり、フリーランスをしている間からプロジェクトリーダーやコンサルタントなどの経営力やマネジメント能力が要求される仕事を積極的に請け負って経験を積んでおくことが重要になります。その現場で大きなプロジェクトを成功に導いた経験があれば、志望する企業に転職することも、スカウトを期待することもそれほど難しいことではありません。IT業界においては経営者としての視点を持てる人材やマネジメント能力に優れている人材が不足していることから、そういった輝かしい実績をもったフリーランスの人材は重宝される傾向が強いからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です